• パラベラム
  • こだわり
  • 生地・柄
  • ガイド
  • ジャケット
  • お問い合わせ
パラベラムこだわり生地・柄の説明ご利用ガイドフォトギャラリーお問い合わせショップ紹介ショッピング

生地の説明

リップストップ生地

熱帯地ゾーンでの通気性と強度を兼ね備えるために5~8mm間隔に補強糸が格子状に織り込まれた
薄手の生地でその名の通り「rip(裂ける)」「stop(止める)」破れ防止の意味です。

ノンリップ生地

『リップストップ』生地より若干厚く、強度的に勝れています。

『NYCO/ナイコ』と呼ばれるナイロン、コットン混紡織りです。

柄の説明

ウットランド

1981年から2006年まで、東西冷戦時代にヨーロッパが主戦場と想定 (特にドイツ)でヨーロッパの針葉樹林帯での効果を期待して開発されたものです。

一昔前までは、米陸・海・空軍と海兵隊で使用され、あまりにも一般的でありました。

米軍で別の迷彩が採用されてからは、あまり見かけなくなりました。

3Cデザート

1990年代~2000年前半まで使用されていました。
3Cカラーと呼ばれるのは3色の色を使用しているからです。
コーヒーをこぼしてできたシミのように見えることから通称コーヒーステインと呼ばれいました。

 

砂漠等の熱帯地ゾーンなのでリップストップ生地ですが、 中東の強い太陽光線により、肌が格子状に日焼けするなどいくつかの不具合が発生した為、すぐに生産を中止したので、リップストップ生地は希少厚地で遮光性のあるノンリップに変更されました。

UCP(Universal Camouflage Pattern)

熱帯地ゾーンでの通気性と強度を兼ね備えるために5~8mm間隔に補強糸が格子状に織り込まれた
薄手の生地でその名の通り「rip(裂ける)」「stop(止める)」破れ防止の意味です。

ABU(Airman Battle Uniform ) デジタルタイガーストライプ

アメリカ空軍。

空軍がこの迷彩を採用した経緯は不明ですが、独自性を出したかったんだと思います。

空軍基地などのコンクリートで囲まれた場所(都市部など)では迷彩効果は高いです。

NWU (Navy Working Uniform)

アメリカ海軍。

実物生地のみに許されたUS NAVYロゴマーク入り。

MARPATウッドランド 森林地帯用

アメリカ海兵隊。
MARPATというのは「MARine PATtern」というヒネリもない単純な名称。

実物生地のみに許されたUSMCロゴマーク入り。

MARPATデザート 砂漠用

アメリカ海兵隊。

MARPATというのは「MARine PATtern」というヒネリもない単純な名称。

実物生地のみに許されたUSMCロゴマーク入り。

Instagram Twitter Facebook

PAGE TOP